📈QC検定2級合格への道標

3月に受験したQC検定2級、結果は合格。試験が終わったときは駄目かなぁと覚悟を決めていただけに嬉しかった。
その時の経験を忘れないように記録しておくことにした。いつの日か役に立つこともあるかもしれないし、
嬉しい記憶はできるだけ留めておきたい。
そして、QC検定2級を合格したいと思い、ここを訪れた方に微力ながらお役に立てればなぁと思う。

受験者データ:品質管理業務者ではないが、実務上統計的手法は用いる。3級取得は2015年3月第19回試験にて。

受験データ:2019年3月第27回、QC検定2級

勉強期間:2018年11月下旬~2019年3月下旬(4ヶ月間)、30分/1日 ≒ 60時間

勉強法:11月下旬に「1回で合格QC検定2級」(1)を入手。一通り目を通す。
12月下旬に「過去問題で学ぶQC検定」(2)を入手。一通りこなし、公式集を作成。
2つの問題集を2回解き、1月下旬に「品質管理検定教科書」(3)を入手。一通り目を通す。
最終的に試験まで(1)、(2)を各3回解き、(3)を2回読む。
試験2日前に公式集を集中的に暗記、試験に臨んだ。

51CUWFffJiL._SX351_BO1,204,203,200_ 51Z6qVCiTHL._SX350_BO1,204,203,200_ 511zG8Ke8XL._SX350_BO1,204,203,200_ 312me0Qg83L blumin_11280219
実践(文章)問題については、とにかく例題や過去問に慣れる。誤解答問題を中心に繰り返し解く。
手法(計算)問題については、作成した公式集を用いて例題や過去問を解く(公式として覚えられないと判断した式は
公式集に乗せず、そういった式を使う問題に出会ったらパス)。
難解な問題はズバッと切り捨て、解ける問題を確実にものにできるよう心掛けた。

作成した公式集:
QC検定2級公式(1) QC検定2級公式(2)

試験当日の作戦:
解答は最後から最初にさかのぼって行う。→問題後半にある実践(文章)問題の方が悩みにくく時間を読みやすい。
実践(文章)問題をこなしてから、問題前半の手法(計算)問題にとりかかった。
電卓や時計はコンパクトなものを。試験用の机は案外小さい。
問題を解く際はシャーペンで解答を問題用紙にメモ書きし、まとめて鉛筆を使って解答用紙にマーキングした。

無2 無題

広告