🚚引越しのご案内 This site move to [https://nisshingeppo8.wordpress.com/]

最近は約1年ごとの更新。心機一転8thで頑張る!
cropped-imgp4816_4_5-hdr_https://nisshingeppo8.wordpress.com/

👩‍🎓眼目山立山寺の哲学の道

IMG_2102_0_1.hdrIMG_2108_6_7.hdr
IMG_2105_3_4.hdr

3か月ぶりに実家へ。帰り道、眼目山立山寺に立ち寄る。哲学の道を辿った。栂の並木道はやっぱり圧巻。
0523 (8) IMG_2099_7_8.hdr IMG_2109
世の中無常なものとは言われるが、今の世の中こそ無常の極み。と思いたい。

🏛流出した鉄橋の残骸と貨物列車

IMG_2076_7_8.hdr IMG_2079_80_81.hdr
先週訪れた愛本橋は12代目ということだが、11代目の残骸が展示されていた。
暴れ川の力恐ろしい。
0517 (2) IMG_2082_3_4.hdr IMG_2095

扇状地湧水公苑に立ち寄る。
IMG_2085_6_7.hdr IMG_2091_2_3.hdr
豊富な湧水があるのも、方や氾濫を起こすほどの川のおかげかと思うと。
IMG_2088_89_90.hdr 0517 (5)tri
あいの風とやま鉄道の線路をJR貨物の列車が駆け抜けていった。

緊急事態宣言も解かれ、少しずつ行動範囲を広げていこうと思う。
小力ながらも経済を回さねば。

🍕後楽園球場の時計とコメダ持ち帰り

IMG_2070_1_2.hdr
魚津桃山運動公園へ。野球場の前にはかつて後楽園球場のスコアボードに掲げられていた時計が居座る。
数々の歴史を目撃してきただけに、なかなかの貫禄だ。
0516 (5) IMG_2064_5_6.hdr IMG_2061_2_3.hdr
公園を進むと真っ赤な稲妻のようなオブジェが。タイトルは「アウトサイドライン」という。
IMG_2058_59_60.hdr 0516-2 (1) 0516-2 (2)
ランチはコメダ珈琲店でピザとカツパン持ち帰り。オールドスタイルのピザ、サクサクのカツ。
コーヒー店でしかもコーヒー以外を持ち帰るなんて邪道かとも思ったが、美味しく頂けた。

🐧休園中の水族館にて

0510 (4)0510 (9)
0510 (7)
0510 (13)

小雨降り、ぶらっと魚津水族館へ。ペンギンたち小島に集まりカーカー鳴いていた。
IMG_2043_4_5.hdr IMG_2046_7_8.hdr IMG_2049_50_51.hdr
お隣の魚津総合公園を散歩。万葉歌人大伴家持の歌碑。庭木は竜血樹みたいにカットされていた。

雨が降ると、出掛ける場所がかなり限定される。図書館が今月再開される見込みなのが救い。

🔭舟見城址から眺めた入善散居村

IMG_2024_2_3tri.hdr IMG_2030_28_29.hdr
田植えシーズン開始。こんな時でも農業は頑張る。元気もらう。
散居村というと砺波平野が有名だが、黒部川流域にも広がっている。
トップの写真は舟見城址から入善町の眺め。
IMG_2039_7_8.hdr IMG_2042_0_1.hdr IMG_2033_1_2.hdr
赤い橋は愛本橋。黒部川に架かる橋。架けては流され、なんと12代目だそうだ。かつては北陸街道が通っていた。

IMG_1997_5_6.hdr DSC_0001 DSC_0002
舟川ダムは建造されて10年にも満たない新しいダム。
IMG_2000_1998_1999.hdr IMG_2003_1_2.hdr IMG_2006_4_5.hdr
治水と農業用水そして冬季融雪用の水を確保するのが目的だそうだ。
IMG_2009_7_8.hdr IMG_2021_19_20.hdr DSC_0005
谷江の堤にも立ち寄る。
DSC_0004 IMG_2011 IMG_2014
グリンにせがまれ花の写真を撮った。
IMG_2017 IMG_2026 DSC_0008
この日は、丸亀製麺で天ぷらを持ち帰り、自宅で天丼に。
なんと30%引き、さらに天丼のたれも持ち帰ることができた。

🏝黒部川中流域にて小観光

IMG_1985_3_4.hdr IMG_1986_7_8.hdr
コロナ禍中の2020年GW最終日。人気を避け早朝に家を出発した。
黒部川中流域は家が散居していて防風林も見られる。天気よければなぁと思いながらもパチリ。
近くには、権蔵橋のトラスが保存されていた。架けては流された橋。
権蔵さんの尽力で流されない立派な橋が架けられたそうだ。

IMG_1976_4_5.hdr 0506 (1) 0506 (3)
この付近は北陸街道沿いということもあって大名行列も通ったのだそう。
彼らの喉を潤したとされる箱根清水、当時もこんな味だったのだろうか、美味しかった。

0506 (4) 0506 (5) 0506 (6)
連休の締めは、やはりシリーズ城跡で。GW初日に訪れた松倉城の属城とされる若栗城
小さな平城跡だが、ちゃんと土塁が残されていて、想像力が湧きたち面白かった。
上杉謙信に包囲され、城主である不悪凡済右京輔(ふあくぼんさいうきょうのすけ)の息女(妻との伝承もあり)が
奮闘したが、多勢に無勢、落城したエピソードが残っている。それにしても不悪凡済右京輔、すごい名前だ。
IMG_1979_7_8.hdr 0506 (7) 0506 (10)

🦁お久ライオンの話とシリーズ城跡

IMG_1961_59_60.hdr 0505 (2)
プジョー乗りを辞め久しいけれど、やっぱり今でも気になる。ちょっとHPをチェックしていると、
なんと太っ腹、ミニカーと200周年ブランドブックたるものをカタログ請求者にプレゼントするとのこと。
ということでお宝ゲットの508のミニカーとブックレット。

0505 (4) IMG_1970_68_69.hdr IMG_1966
先日訪れた松倉城の支城とされる天神山城。その城跡を訪れた。
ここに陣を置いた上杉軍。どんな面持ちで魚津に入城してくる織田軍を見ていたのだろうか。
0505 (6) IMG_1964_2_3.hdr IMG_1971_2_3.hdr

場所を移し阿古屋野古墳へ。一気に古墳時代まで遡る。綺麗に復元されてあった。
0505 (9) 0505 (10) 0505 (11)

昨日の発表だと、図書館は再開されそうな気配。閉館間際に借りた伊坂幸太郎著「死神の精度」。
登場人物少な目で読みやすい。今年は特殊な連休だけど、近場のスポット訪問や、
読書、Wii、トランスポートフィーバー2とそれなりに、まぁまぁ充実していた。
0505 (1) tp2 0505-2
ランチはこちらも久々ケンタッキー・フライド・チキン。GWパックたるお手頃セットを持ち帰って食べた。
チキンとてもジューシーで美味しかった。

⛲片貝川上流で見つけた宝石達

IMG_1914_5_6.hdr
人が集まらない所、どこがあるだろうかと色々調べていると、片貝川上流に綺麗なスポットがあることを知った。
ここは、片貝第二発電所の水を取り入れる施設。水が光を乱反射しエメラルドグリーンに。
IMG_1904_2_3.hdr IMG_1911_2_3.hdr IMG_1907_5_6.hdr
石積みの建築物も味わい深い。青空と新緑を背景に沢山スマホのシャッターを切った。
IMG_1909 0504 (7) IMG_1922
麓では見られないような植物もたくさん。芽吹いている姿なんかは元気をもらえる。
IMG_1929_30_31.hdr IMG_1933
河原に降りてみた。石の模様は地殻変動が生み出したと思うと感慨深い。
石の裏には清流に住むと言われるカゲロウかカワゲラも発見。
IMG_1943_1_2.hdr IMG_1947 IMG_1945tri

帰路、貝田新円筒分水に立ち寄った。水田に水を張るため大量の水を分水していた。
IMG_1952_0_1.hdr IMG_1958_6_7.hdr

公園でグリンとおしくらまんじゅうをした。

✝お目々ぱちくり機関車と十字石

IMG_1875_6_7.hdr IMG_1896_7_8.hdr
ふるさと水環境公園に保存されているトロッコ電車。未来を明るく照らして欲しい。
愛本新遺跡に立ち寄る。遺跡っぽい展示は看板以外なく、代わりに植物や昆虫を撮ってきた。
0503 (4) IMG_1891 IMG_1900
黒部市宇奈月市民サービスセンターに展示されている十字石
地殻に大きな力が加わらないとできない模様なんだそうだ。日本列島がこの地でぶつかった痕跡だとか。
0503 (2) IMG_1885 0503-2 (1)
ランチはスシロー持ち帰り。こんなときでも店内座席は半分くらい埋まっていた。
当の寿司、GWということで好みのネタは選べなかったけど、その分、普段食べないネタにありつけ、
いつもより美味しく感じた。

グリンと公園でスーパーマリオごっこをして遊んだ。