🗽B級スポットふれあい石像の里

R0017690_88_89.hdr R0017696_4_5.hdr
神通川沿いに突如現れる石仏群。お地蔵さんなら分からないでもないが、モデルは現代風の人々。
ここは、ふれあい石像の里といい、オーナーがお世話になった人々を彫って展示したそうだ。
それにしてもものすごい数。400体以上あるそうだ。
R0017693 R0017699_7_8.hdr R0017702_0_1.hdr
近くには500羅漢もある。帰り道神二ダムに立ち寄った。
R0017706_4_5.hdr R0017709 R0017687_5_6.hdr
ランチはてんやにて。サクサク衣と濃厚たれが美味しい。

それにしても今日は蒸し暑い。台風の影響か、フェーン現象発生してるのかな。
ニュース見ると富山市で35℃超えだったそうだ。

広告

🦐新湊博物館と生きた白えび

R0017669_7_8.hdrR0017670
R0017661
R0017671

新湊博物館で開催されている企画展「夜空を見上げて-古墳時代から江戸時代まで-」を見に。
江戸時代の望遠鏡がとても立派で見入ってしまった。当時は鉄砲職人が望遠鏡を作っていたんだとか、
ちょっと面白いエピソードだった。展示は撮影禁止だけど通路であればと思い、
大伴二三彌の作品であろうステンドグラスが素敵な踊り場をカシャッと収めてきた。
隣接する道の駅には生きた白えびや海水魚の展示がされている。白えびの展示は珍しいと思う。

🐐ギボウシ開花と丘の夢牧場

R0017634 IMG_20190714_104605
ベランダのギボウシ開花。紫の可憐な花が笑みをくれた。
この日はイオンとなみにてアンパンマンショーを観劇。
開演一時間半前に列に並び、真ん中2列目をゲット。迫力のショーにグリンハイテンションだった。
IMG_20190714_132536 IMG_20190714_132501 IMG_20190714_133536
帰路、丘の夢牧場に立ち寄る。寂しげな視線をくれたヤギは糖尿病なんだそうだ。
昔はよく檻を脱走し、保管されていたトウモロコシを盗み食いした。その際の暴食が原因なんだとか。
雨が降ってくると、ヤギが一斉に小屋に入ってきた。その動きが可愛かった。

🍰怪しい洋菓子店と遊覧船

R0017626_4_5.hdr R0017627
パティスリー ル・クール 富山。パッと見は夜の店かと見間違えるかの風貌だが、
入り口を入ってみると雰囲気はがらりと変わり、お菓子が煌びやかにディスプレーされていた。
かなりの人気店で、とても美味しいらしい。値段もそれ相応なのか、当人甘味音痴なのが残念。
近くには今年より開校した県内初の市立小学校片山学園初等科。お城みたいな外観。内部も綺麗。
R0017628 R0017629 R0017623_1_2.hdr
この日は、海王丸パークフェスティバルへ行ってきた。観光遊覧船の無料体験に挑戦。
富山新港をぐるりと一周。20分ばかりの船旅だったけどユラユラと気持ち良かった。
R0017615 R0017608 R0017611

📺KNB大バザールとクラシックカー

R0017557_8_9.hdr R0017575_6_7.hdr
環水公園へ出掛ける。クラシックカーの展示を見学した。
R0017560_1_2.hdr R0017565_6_7.hdr R0017568_69_70.hdr
緑色の車が多く。レトロ感を醸し出していた。
R0017572_3_4.hdr R0017578_79_80.hdr R0017595_3_4.hdr
富山駅北に何をしに来たかというと、北日本放送のイベント、KNB大バザールが目的。
R0017596 R0017582 R0017583
普段は目にすることができないテレビやラジオのスタジオを見学。
よくテレビで見るアナウンサーが普通に横を通る、異世界に迷い込んだかのような気分だった。
道端には色んな企業の出店もたくさんあって、グリンは風船もらって嬉しそうだった。
ただ、帰り途中で手から離れてしまいヘリウム風船は空の彼方へ。泣いてしまった。

🌹ハイレベル、白馬コルチナ・イングリッシュガーデン

R0017515_6_7.hdr
空模様と開花のタイミングを調整しつつ決行した白馬コルチナ・イングリッシュガーデン、ついに訪問。
R0017550_48_49.hdr R0017522_0_1.hdr R0017532_3_4.hdr
スキー場の斜面にギュッと凝縮された英国風庭園が広がっていた。
R0017536 R0017518 R0017529
結構高めの入園料だったけど、相応のレベルを楽しませてくれたかなと実感。
R0017530 R0017544_2_3.hdr R0017512_3_4.hdr
庭園へは併設ホテルのロビーを通る。英国、アルプスでのハイソなひと時を味わうことができた。
どんどん拡張していっているようで今後も楽しみ。年に一度は訪れることになりそう。

🎖正力・小林記念館にて偉人に触れる

R0017504_5_6.hdr R0017501_2_3.hdr
荒れた天候だったので、室内遊戯場で遊んだ後、正力・小林記念館に立ち寄ってみた。
正力松太郎といえば、言わずと知れた読売新聞(ジャイアンツ)、日本テレビを創設した人。
政治家として手腕を発揮したそうだ。
勲章は後継者小林與三のもの。いずれも富山県高岡市出身の偉人。